2016年02月21日

ようこそ

 
ようこそ 「英語で聖書を読もう!」のホームページへいらっしゃいました!

このページを訪問していただいて本当にありがとうございます。

このページは、ひとりでも多くの方に聖書を知り、読んでいただくこと、また聖書のことをもっと知りたいという人、聖書に興味があるが難しくてよく理解できないという人たちのために、聖書に関する基本的な知識を提供することを目的に製作しています。

「英語で聖書を読もう!」というタイトルは、私が最初にまともに取り組んだ聖書がたまたま英語の版で、この聖書が私の目を開き、「聖書は難解でわけが分からない!」と思いこんでいた私と聖書との距離を一気に縮めてくれたことに基づいています。現在の私は英語の聖書も日本語の聖書も同じくらい好きです。

私は39才でクリスチャンになったとき、自分は聖書について知らないことがたくさんあると思いました。そこで自分でいろいろと勉強して、その成果をホームページに公開したところ、多くの方から励ましのメールをいただきました。そしてメールを読んで、何も知らない素人の私だから書ける視点が喜ばれているのだなぁ、と感じました。ですのでクリスチャンの人にもクリスチャンでない人にも、また聖書を英語で読む人にも日本語で読む人にも、このホームページがみなさんの聖書の理解に少しでも役立てばうれしく思います。

聖書は実は世界でもっとも読まれている書物で(知ってましたか?)、なんと約2000年の間まったく変わることなく存在している書物なのです。最初にヘブライ語とギリシア語で書かれた原書は、一番古い部分が紀元前1500年くらい前(つまり今から約3500年前)、一番新しい部分が西暦100年頃の記述とされています。ここから何も変わることなく、全体を一冊の聖書として編纂し、形を整えて完成したのが4世紀頃、そして16世紀の宗教改革以降、たくさんの言語に翻訳されました。歴史上には聖書の持つ力を恐れるあまり聖書を焼き払った君主もいますし、聖書を守って死んでいった信者もたくさんいます。そんな「聖書」。たしかに「聖書」という本の存在は知っているけど、中身はまったく知らない。そういう人はたくさんいると思います。聖書には何が書かれているのでしょう・・・。

聖書というと「難解な書物」というイメージを持つかも知れませんが、実際に読んでみて最初に驚くのは、特にかしこまって読む必要のない普通の本だということです。そして内容は非常にバラエティに富んでいて予想外におもしろいのです。たとえばわくわくさせる冒険談や、思慮に富む物語、美しい詩歌、そして救世主イエスの生涯など、読み返すたびに常に新しい発見があり、深く考えさせられ、飽きることがありません。「聖書」を読んでの第一印象は、とにかく、え? 聖書ってこんなことが書いてあったの? 聖書でしょ? 本当にこれで良いわけ? という驚きの連続です。そして読み返すたびに新しい意外な発見や気づきがうれしい驚きとなって読者を惹きつけ、そうやって何度でも続けて読ませるのです。さもなければこれほど長く広く世界中で読まれ続けないでしょう。

聖書が難解な書物というイメージを与える理由のひとつは「日本語の翻訳が難しいから」という部分が否めないと思います。実は私自身もあるとき聖書をたまたま英語で読んでその魅力を発見したひとりなのです。一方、英語で読む聖書はメッセージが非常にシンプルで明快です。言いたいことや意味がすっと心に入ってくる気がします。

たとえば聖書の中のある場面でイエスが弟子のひとりに質問をする場面があります。日本語の聖書([新改訳])では、
  • 「イエスは再び彼に言われた。ヨハネの子シモン。あなたはわたしを愛しますか。」

とやや堅苦しい感じになります。ところが英語の聖書([NLT])だと
  • "Jesus repeated the question: “Simon son of John, do you love me?”

となります。日本語で誰かに「愛してる」と告げたり、「私を愛しているの?」ときくのは勇気がいるし恥ずかしくてドキドキすることなのに、英語だと「I love you!」「Do you love me?」となんだかスルスルっと言えそうな気がする・・・。英語と日本語・・・、不思議ですよね。聖書は神さまが人間に宛てた「愛の手紙」なのだと言う人がいます。だとしたら、愛の表現が難しい日本語の聖書は難解で堅苦しくならざるを得ないのかも知れませんし、逆に英語だとスルスルっと読めるのかも知れません。

「そうは言うけど英語はどうもハードルが高くて・・・」という方もいらっしゃるでしょう。でも私の経験では聖書は少なくとも英語と日本語を交互に比べながら読むと理解度が格段に上がります。日本語で読んでも意味が通じなかったところが英語で読むとわかったり、英語が難しすぎてわからないところを日本語訳が助けたり・・・。 どうぞ英語の苦手な方も得意な方も、私と一緒に英語と日本語で聖書を読んでみましょう!


初めていらっしゃった方へ

このたびはようこそ!

初めていらっしゃった方、このたびはようこそいらっしゃいました!

このホームページは、タイトルこそ「英語で聖書を読もう!」となっていますが、聖書を英語で読む人にも日本語で読む人にも、あるいはその他の言語で読む人にも関わりなく、聖書が好き! 聖書を読んでみたい! 聖書に興味がある! という方ならきっとどなたにも役立つ情報を掲載しています。


このホームページの読み方

このブログには最初に聖書やキリスト教を説明するセクションがあり、その後ろには実際に新約聖書を英語と日本語で読むセクションがあります。


  新約聖書

 
 
このブログは訪れた方が迷うことのないように、どのページもほぼ同じ体裁でできています。

また各セクションはブログのカテゴリとしてまとめてあり、各カテゴリのトップへはいつもページ右上のカテゴリから跳ぶことができます。

各カテゴリの中のそれぞれ記事では、ページの先頭で、次のような形でカテゴリの構成と自分の位置を説明しています。

--- ようこそ〕のカテゴリに含まれる記事 --------------
ようこそflower-mini
------------------------------------------------------------

そして記事を最後まで読み進むと記事の一番下に次のようなリンクがありますから、これを利用してブログ全体を目次の順に読み進むこともできます。

|前の記事はありません|この記事の先頭へ戻る次の記事へ進む




どこから読むか

このブログの内容は、わかりやすく一般的な情報からスタートして後半へ進むほど詳細で深い話を掲載するように心がけています。ですのでどこから読み始めたら良いかまったくわからないという方は、ページ右上のカテゴリ別アーカイブの並び沿って最初から順番に読んでみてください。

もちろん気になるタイトルの記事があったら、ご自由にジャンプしてそこから読み始めていただいてもまったくかまいません。

とりあえず英語で聖書を読んでみたいという方はカテゴリの後半にある新約聖書のセクションからタイトルを選んで読んでください。新約聖書のセクションは過去のメールマガジンを加筆・編集したものです。


準備中のページ

このブログは製作途中の段階から公開していますので「準備中」のページがたくさんあります。少しずつ製作しながら内容を充実させていきますのでご了承下さい。



それではどうぞ、お楽しみください。みなさんが少しでも聖書に対する理解と興味を深め、聖書と共にできるだけ多くの時間を過ごし、そして聖書を信じてくださるようになることを心より願いお祈りします。


断り書き(このページの内容について)

このページはひとりのクリスチャンが純粋に「聖書」に関する情報を提供しようとするもので、内容は新興宗教とはいっさい関係ありません。




english1982 at 06:43│ようこそ