マタイの福音書第27章第11節~第26節:ピラトの前でのイエスさまの裁判マタイの福音書:第27章

2015年12月05日

マタイの福音書第27章第1節~第10節:ユダが首をつる

第27章



(英語は[NLT]、日本語は私の拙訳です。)


Judas Hangs Himself

ユダが首をつる


1 Very early in the morning the leading priests and the elders of the people met again to lay plans for putting Jesus to death.

1 朝のとても早い時間に祭司長たちと長老たちはもう一度会合を持ち、イエスさまを死刑にするための計画を立てました。

2 Then they bound him, led him away, and took him to Pilate, the Roman governor.

2 それから彼らはイエスさまを縛り、引き出し、ローマ帝国の総督ピラトの元へ連れて行きました。

3 When Judas, who had betrayed him, realized that Jesus had been condemned to die, he was filled with remorse. So he took the thirty pieces of silver back to the leading priests and the elders.

3 イエスさまを裏切ったユダは、イエスさまが死刑に定められたのを知ると自責の念に駆られました。そこでユダは銀貨三十枚を祭司長たちと長老たちに返しに行きました。

4 “I have sinned,” he declared, “for I have betrayed an innocent man.”  “What do we care?” they retorted. “That’s your problem.”

4 ユダは言いました。「私は罪を犯しました。なぜなら私は無罪の人を裏切ったからです。」 彼らは言い返しました。「我々の知ったことではありません。それはあなたの問題です。」

5 Then Judas threw the silver coins down in the Temple and went out and hanged himself.

5 それからユダは寺院で銀貨を投げ落としてから出て行き、首をつりました。

6 The leading priests picked up the coins. “It wouldn’t be right to put this money in the Temple treasury,” they said, “since it was payment for murder.”

6 祭司長たちは銀貨を拾って言いました。「このお金を寺院の金庫に入れるのはよくないでしょう。殺人の代価だったのですから。」

7 After some discussion they finally decided to buy the potter’s field, and they made it into a cemetery for foreigners.

7 しばらく相談して、彼らは最終的に陶器師の畑を買うことに決めました。彼らはそこを異邦人の墓地にしました。

8 That is why the field is still called the Field of Blood.

8 それでその畑はいまも血の畑と呼ばれるのです。

9 This fulfilled the prophecy of Jeremiah that says, “They took the thirty pieces of silver -- the price at which he was valued by the people of Israel,

9 この出来事が預言者エレミヤの言葉を成就しました。「彼らは銀貨三十枚を取った。それはイスラエルの人々が彼を値踏みした値段である。

10 and purchased the potter’s field, as the LORD directed.”

10 彼らは主が命じたとおりに陶器師の畑を買った。」




ミニミニ解説

マタイの第27章です。

第26章まででイエスさまは逮捕されて大祭司邸へと連行されました。そこに集まっていたサンヘドリンのメンバーによって夜が明けないうちに予備審問が開かれて、イエスさまは死罪に定められています。

今回の場所に対応する箇所は「マルコ」に見つかりますが、それはMark 15:1(マルコの福音書第15章第1節)の「夜が明けるとすぐに、祭司長たちをはじめ、長老、律法学者たちと、全議会とは協議をこらしたすえ、イエスを縛って連れ出し、ピラトに引き渡した。」([新改訳])だけです。ここはマタイの今回の部分のうち第1節と第2節に対応する箇所で、マルコではその後すぐにピラトの前での裁判になっています。つまりいつものように「マタイ」・「ルカ」=「マルコ」+「Q資料」+「独自の資料」の式にあてはめると、今回の「ユダの自殺」の話はマタイの「独自の資料」からの編入と言うことになります。

ただユダの最後についてはルカもActs 1:15-22(使徒の働き第1章第1節~第22節)にペテロの言葉が納められています。

「15 そのころ、百二十名ほどの兄弟たちが集まっていたが、ペテロはその中に立ってこう言った。16 「兄弟たち。イエスを捕らえた者どもの手引きをしたユダについて、聖霊がダビデの口を通して預言された聖書のことばは、成就しなければならなかったのです。17 ユダは私たちの仲間として数えられており、この務めを受けていました。18 (ところがこの男は、不正なことをして得た報酬で地所を手に入れたが、まっさかさまに落ち、からだは真っ二つに裂け、はらわたが全部飛び出してしまった。19 このことが、エルサレムの住民全部に知れて、その地所は彼らの国語でアケルダマ、すなわち『血の地所』と呼ばれるようになった。) 20 実は詩篇には、こう書いてあるのです。『彼の住まいは荒れ果てよ、そこには住む者がいなくなれ。』また、『その職は、ほかの人に取らせよ。』 21 ですから、主イエスが私たちといっしょに生活された間、22 すなわち、ヨハネのバプテスマから始まって、私たちを離れて天に上げられた日までの間、いつも私たちと行動をともにした者の中から、だれかひとりが、私たちとともにイエスの復活の証人とならなければなりません。」([新改訳])。

ユダの最後が自殺であったのかどうかは別にしても、ユダの最後に関する伝承は少なからず流布されていたと考えることはできます。

さて今回の最初の部分の第1節と第2節はマルコによると「夜が明けるとすぐに」となっています。実はサンヘドリン(イスラエルの最高議決機関)の議会は夜間には開催できない決まりだったので、祭司長や長老などのメンバーは、夜が明けるのを待って、改めて正式に寺院に議会を招集して、再度イエスさまの死刑の議決を行ったのでしょう。死刑の判決が決まるとサンヘドリンはイエスさまをピラトの元へ連行していきます。ローマ帝国統治下のイスラエルには人を処刑する権限が与えられていなかったので、イエスさまを実際に殺すためにはローマ帝国にイエスさまの罪状を説明して、納得してもらう必要があったのです。

第3節からはマタイ独自のユダの自殺の話になります。

ユダがなぜイエスさまを裏切ったのか、いくつかの説があるようです。たとえばユダも他の弟子たちと同様、イエスさまがイスラエルの王として立つ日が来ると信じていたのですが、イエスさまの口からは自分が逮捕される話だとか、殺される話だとか、どちらかというと後ろ向きに聞こえる発言がたびたび聞かれ、いっこうに自分の期待するとおりに王への道を歩む気配がありません。ユダはこれに失望して、自分がイエスさまを窮地に追い込んで、イエスさまが立ち上がらなければならないような状況を作り上げれば、イエスさまは奇跡の力を使っていよいよ王への道を歩むのではないか、と考えたという説。ところがイエスさまはユダの予想に反してあっさりと死罪に定められてしまったので、ユダは後悔の念に駆られて自殺したのだとします。あるいはユダはイエスさまを裏切ったことで銀貨三十枚を手に入れているのですが、他の箇所にあるユダが使徒たちの会計係を務めながら、自分のためにそのグループの金をこっそり盗んでいたという記述と合わせて、金銭目当てでイエスさまを裏切ったという説などです。

これらの説にはどれも決定的な根拠はなく、想像の域を出ません。ユダがなぜイエスさまを裏切ったのか、その答えは福音書からは見つかりません。ただイエスさまが十字架にかかること、これは神さまの意志であり、神さまが定めた人類救済プランの成就なのです。そしてユダがこのイベントの実現に不幸な形で関わったのは事実です。

マタイはこの根拠を旧約聖書の「Jeremiah(エレミヤ書)」からの引用で説明しているのですが、この引用箇所を特定するのがとても難しいのです。「彼らは銀貨三十枚を取った。それはイスラエルの人々が彼を値踏みした値段である。彼らは主が命じたとおりに陶器師の畑を買った。」というような記述は見つかりません。

まず「銀貨三十枚」と「陶器師」を結びつける「値踏みの値段」と「銀貨を投げつける」話は、他の預言書「Zechariah(ゼカリヤ書)」に登場しています。

Zechariah 11:10-14(ゼカリヤ書第11章第10節~第14節)を引用します。

「10 私は、私の杖、慈愛の杖を取り上げ、それを折った。私がすべての民と結んだ私の契約を破るためである。11 その日、それは破られた。そのとき、私を見守っていた羊の商人たちは、それが主のことばであったことを知った。12 私は彼らに言った。「あなたがたがよいと思うなら、私に賃金を払いなさい。もし、そうでないなら、やめなさい。」すると彼らは、私の賃金として、銀三十シェケルを量った。13 主は私に仰せられた。「彼らによってわたしが値積もりされた尊い価を、陶器師に投げ与えよ。」そこで、私は銀三十を取り、それを主の宮の陶器師に投げ与えた。14 そして私は、結合という私のもう一本の杖を折った。これはユダとイスラエルとの間の兄弟関係を破るためであった。」([新改訳])。

一方「Jeremiah(エレミヤ書)」には陶器師の話が出ています。Jeremiah 18:1-6(エレミヤ書第18章第1節~第6節)です。

「1 主からエレミヤにあったみことばは、こうである。2 「立って、陶器師の家に下れ。そこで、あなたに、わたしのことばを聞かせよう。」 3 私が陶器師の家に下って行くと、ちょうど、彼はろくろで仕事をしているところだった。4 陶器師は、粘土で制作中の器を自分の手でこわし、再びそれを陶器師自身の気に入ったほかの器に作り替えた。5 それから、私に次のような主のことばがあった。6 「イスラエルの家よ。この陶器師のように、わたしがあなたがたにすることができないだろうか。-- 主の御告げ -- 見よ。粘土が陶器師の手の中にあるように、イスラエルの家よ、あなたがたも、わたしの手の中にある。」([新改訳])。

また「Jeremiah(エレミヤ書)」にはまったく別の箇所に土地を買う話も出てきます。Jeremiah 32:6-9(エレミヤ書第18章第1節~第6節)です。

「6 そのとき、エレミヤは言った。「私に次のような主のことばがあった。7 見よ。あなたのおじシャルムの子ハナムエルが、あなたのところに来て、『アナトテにある私の畑を買ってくれ。あなたには買い戻す権利があるのだから』と言おう。8 すると、主のことばのとおり、おじの子ハナムエルが私のところ、監視の庭に来て、私に言った。『どうか、ベニヤミンの地のアナトテにある私の畑を買ってください。あなたには所有権もあり、買い戻す権利もありますから、あなたが買い取ってください。』私は、それが主のことばであると知った。9 そこで私は、おじの子ハナムエルから、アナトテにある畑を買い取り、彼に銀十七シェケルを払った。」([新改訳])。

これらの箇所を結びつけても、ユダの自殺が旧約聖書に予告されていたと解釈するのはとても難しい作業です。






english1982 at 22:00│マタイの福音書 
マタイの福音書第27章第11節~第26節:ピラトの前でのイエスさまの裁判マタイの福音書:第27章