マタイの福音書:第7章マタイの福音書第6章第5節~第18節:祈りと断食についての教え

2015年12月26日

マタイの福音書第6章第19節~第34節:お金と所有に関する教え

第6章


(英語は[NLT]、日本語は私の拙訳です。)


Teaching about Money and Possessions

お金と所有に関する教え


19 “Don’t store up treasures here on earth, where moths eat them and rust destroys them, and where thieves break in and steal.

19 この地上で宝をたくわえてはいけません。地上では虫が食うし、錆びてだめになりますし、泥棒が押し入って盗んで行きます。

20 Store your treasures in heaven, where moths and rust cannot destroy, and thieves do not break in and steal.

20 あなたの宝を天にたくわえなさい。天では虫も錆びもだめにしないし、泥棒が押し入って盗むこともありません。

21 Wherever your treasure is, there the desires of your heart will also be.

21 あなたの宝のあるところに、あなたの心の願望があります。

22 “Your eye is a lamp that provides light for your body. When your eye is good, your whole body is filled with light.

22 あなたの目はあなたの身体に光をもたらす灯りです。もしあなたの目が良ければ、あなたの全身は光に満たされます。

23 But when your eye is bad, your whole body is filled with darkness. And if the light you think you have is actually darkness, how deep that darkness is!

23 が、あなたの目が悪ければ、あなたの全身は闇で満たされます。もしあなたが光と考えるものが本当は闇なのだとしたら、その闇の深さはどれほどでしょう。

24 “No one can serve two masters. For you will hate one and love the other; you will be devoted to one and despise the other. You cannot serve both God and money.

24 だれも二人の主人に仕えることはできません。なぜならあなたは一方を嫌って、もう一方を愛するでしょうから。あなたは一方に専心して、他方を軽んじるでしょうから。あなたは神さまとお金の両方に仕えることはできません。




ミニミニ解説

今回の部分にはイエスさまの三つの話が納められています。「宝の話」、「目の話」、「二人の主人」の話です。

まず「宝の話」です。

Luke 12:33-34(ルカの福音書第12章第33節~第34節)に以下の記述があります。「33 持ち物を売って、施しをしなさい。自分のために、古くならない財布を作り、朽ちることのない宝を天に積み上げなさい。そこには、盗人も近寄らず、しみもいためることがありません。34 あなた方の宝のあるところに、あなた方の心もあるからです」([新改訳])。明らかに今回の「宝の話」と同じところから出ている言葉ですが、ルカでは、この部分までに至る文脈が多少異なりますし、第33節には、朽ちることのない宝を天に積むためには自分の持ち物を売り払え、と具体的な指示も書いています。どちらにしても「マタイ」・「ルカ」=「マルコ」+「Q資料」+「独自の資料」の公式にあてはめると、ここは「Q資料」(イエスさまの語録集)から書かれていることになります。

また言わんとしているのは、私たちの蓄えるべき「宝」は、虫が食ったり、錆びたり、泥棒に盗まれる可能性のある「地上の何か」であってはならず、天に積まれる「朽ちることのない何か」であるべきだと言うことです。その「何か」が果たして何なのかは第21節に書かれています。ここは[KJV]では「For where your treasure is, there will your heart be also.(拙訳:なぜならあなたの宝があるところに、あなたの心もあるからです)」と書かれており、つまり私たちの心をいつも占めているものが、私たちの「宝」だと言うことになります。私たちの心にいつもあるもの、私たちがいつも考えていること、気にしているものが私たちの宝なのです。それが物欲・金銭欲、成功欲・名誉欲、肉欲等であったり、地上の偶像を追い求めているようであれば、それは壊れたり、失われたり、奪われたりする地上の宝を追い求めていることになります。ここでも神さまは私たちの心がどこにあるかをご覧になっている、と言うことです。

続いて「目の話」です。

Luke 11:33-36(ルカの福音書第11章第33節~第36節)に以下の記述があります。「33 だれも、あかりをつけてから、それを穴倉や、枡の下に置く者はいません。燭台の上に置きます。入って来る人々に、その光が見えるためです。34 からだのあかりは、あなたの目です。目が健全なら、あなたの全身も明るいが、しかし、目が悪いと、からだも暗くなります。35 だから、あなたのうちの光が、暗やみにならないように、気をつけなさい。36 もし、あなたの全身が明るくて何の暗い部分もないなら、その全身はちょうどあかりが輝いて、あなたを照らすときのように明るく輝きます」([新改訳])。灯した灯りを枡の下に置く話はマルコの第4章に登場する話です。ルカではこの話と、今回の「目の話」を合体させた形でひとつの教えの話に構成しています。「マタイ」・「ルカ」=「マルコ」+「Q資料」+「独自の資料」の公式にあてはめると、「目の話」も「Q資料」(イエスさまの語録集)から書かれていることになります。

「目」は光を関知する器官であって、私たちの目が良ければ光を感じて明るいと認識し、逆に目が悪ければ光を感じることができずに周囲が暗いと感じます。もちろんイエスさまはそんなことを言っているのではなくて、それを比喩にして心の中の光、心の中の明るさと暗さの話をしているのです。「心の目」が良ければ、自分が光の中にいるときに明るいと感じることができるし、逆に「心の目」が悪ければ、自分が光の中にいてもそれを明るいと感じることができません。自分がもし、周囲が暗くて心細く、これから進むべき道や、事態を打開する出口の光が見えないことを不安に感じているのだとしたら、それは「心の目」が悪いために「光」を感じられない状態なのです。

第23節ではさらに、「もしあなたが光と考えるものが本当は闇なのだとしたら」と書かれています。もしいま自分が、自分の将来はバラ色に光り輝いている!と信じていた「光」が、実は本当は闇だったとしたら、と言うたとえです。「宝の話」で触れたように、物欲・金銭欲、成功欲・名誉欲、肉欲、偶像などに光を見ているのだとしたら、それはある日壊れたり、失われたり、奪われたりするニセモノの光だからです。そういう光を追いかけていると、いざその光が失われたときに、初めて周囲の真の暗さを知ることになります。

最後は「二人の主人の話」です。

Luke 16:13(ルカの福音書第16章第13節)に以下の記述があります。「13 しもべは、ふたりの主人に仕えることはできません。一方を憎んで他方を愛したり、または一方を重んじて他方を軽んじたりするからです。あなた方は、神にも仕え、また富にも仕えるということはできません」([新改訳])。「マタイ」・「ルカ」=「マルコ」+「Q資料」+「独自の資料」の公式にあてはめると、「二人の主人の話」も「Q資料」(イエスさまの語録集)から書かれていることになります。

イエスさまの時代は奴隷が存在した社会ですから、「主人に仕える」と言うのは奴隷の話です。奴隷は主人の所有物ですから、一人の奴隷が二人の主人を持つことはありません。奴隷は必ずひとりの主人に帰属しているのです。イエスさまは「だれも二人の主人に仕えることはできません」と言っています。「マタイ」の第24節は、[KJV]では「No man can serve two masters」となっていて、主語は「No man」です。イエスさまが「だれも」と言ったとき、これは奴隷に限った話ではありません。

私たちは奴隷と同様、ただ一人だけの主人を持たなければならないようです。奴隷は主人の所有物として、自分個人の利害や感情を忘れ、ただ主人だけのために働くことが求められます。「神さま」を心に置いて神さまだけのために生きる人は神さまの奴隷、「お金」を心に置いてお金だけのために生きる人はお金の奴隷と言うことです。

最初の「宝の話」では、自分の心を占めるものがその人の宝なのだと説かれましたが、ここでは、実は自分はその宝の奴隷なのだ、と言っています。これはちょっと考えさせられる視点です。自分の心に物欲・金銭欲、成功欲・名誉欲、肉欲、偶像などを置いて、いつかそれを手に入れよう、いつかそれを自分の支配下に置いてやろうと目論見ながら生きているつもりでも、実は自分はその宝のために働く奴隷だと言うのです。確かにそうかも知れません。自分に与えられた時間、能力、体力、そしてお金。これらは私たち一人一人に与えられた有限の資源です。だれもがこれらを費やしながら人生を生きるわけですが、逆に言えば人生とは、これらの資源を費やして、その対象のために奉仕しているようなものです。私たちは自分の宝に仕える奴隷なのです。私たちは誰の奴隷として、たった一度の人生を送るべきでしょうか。地上の富と天の神さまが相いれないものなのであるのなら、どちらの主人のために自分の大切な資源を使うべきか、よく考えてみるべきだと思います。





english1982 at 20:00│マタイの福音書 
マタイの福音書:第7章マタイの福音書第6章第5節~第18節:祈りと断食についての教え