ピリピ人への手紙

2015年05月12日

ピリピ人への手紙:はじめに

ピリピ人への手紙


はじめに
第01章  第02章  第03章  第04章
全体目次




ピリピはギリシヤと小アジアに挟まれたエーゲ海の北にある町で、イスタンブールから西へ250キロほどの場所にありました。wikipediaでは「ピリッポイ」で見つかります。20世紀に行われた発掘調査の後、遺跡は2016年に世界遺産に登録されています。

パウロがピリピを訪れたのは第二回目の伝道旅行のときでした。小アジアの西端のトロアスにいるときにパウロは幻を見て、マケドニヤ(ギリシヤの北部)へ渡るようにと招かれ、サモトラケ島を経由してネアポリスに至ります。ピリピはそのすぐ西にありました。

まず、パウロの最初のピリピ滞在時の様子を「Acts(使徒の働き)」で読んでおこうと思います。Acts 16:9-40(使徒の働き第16章第9節~第40節)です。長いですがすべて引用します。

「9 ある夜、パウロは幻を見た。ひとりのマケドニヤ人が彼の前に立って、「マケドニヤに渡って来て、私たちを助けてください」と懇願するのであった。10 パウロがこの幻を見たとき、私たちはただちにマケドニヤへ出かけることにした。神が私たちを招いて、彼らに福音を宣べさせるのだ、と確信したからである。11 そこで、私たちはトロアスから船に乗り、サモトラケに直航して、翌日ネアポリスに着いた。12 それからピリピに行ったが、ここはマケドニヤのこの地方第一の町で、植民都市であった。私たちはこの町に幾日か滞在した。13 安息日に、私たちは町の門を出て、祈り場があると思われた川岸に行き、そこに腰をおろして、集まった女たちに話した。14 テアテラ市の紫布の商人で、神を敬う、ルデヤという女が聞いていたが、主は彼女の心を開いて、パウロの語る事に心を留めるようにされた。15 そして、彼女も、またその家族もバプテスマを受けたとき、彼女は、「私を主に忠実な者とお思いでしたら、どうか、私の家に来てお泊まりください」と言って頼み、強いてそうさせた。16 私たちが祈り場に行く途中、占いの霊につかれた若い女奴隷に出会った。この女は占いをして、主人たちに多くの利益を得させている者であった。17 彼女はパウロと私たちのあとについて来て、「この人たちは、いと高き神のしもべたちで、救いの道をあなたがたに宣べ伝えている人たちです」と叫び続けた。18 幾日もこんなことをするので、困り果てたパウロは、振り返ってその霊に、「イエス・キリストの御名によって命じる。この女から出て行け」と言った。すると即座に、霊は出て行った。19 彼女の主人たちは、もうける望みがなくなったのを見て、パウロとシラスを捕らえ、役人たちに訴えるため広場へ引き立てて行った。20 そして、ふたりを長官たちの前に引き出してこう言った。「この者たちはユダヤ人でありまして、私たちの町をかき乱し、21 ローマ人である私たちが、採用も実行もしてはならない風習を宣伝しております。」 22 群衆もふたりに反対して立ったので、長官たちは、ふたりの着物をはいでむちで打つように命じ、23 何度もむちで打たせてから、ふたりを牢に入れて、看守には厳重に番をするように命じた。24 この命令を受けた看守は、ふたりを奥の牢に入れ、足に足かせを掛けた。25 真夜中ごろ、パウロとシラスが神に祈りつつ賛美の歌を歌っていると、ほかの囚人たちも聞き入っていた。26 ところが突然、大地震が起こって、獄舎の土台が揺れ動き、たちまちとびらが全部あいて、みなの鎖が解けてしまった。27 目をさました看守は、見ると、牢のとびらがあいているので、囚人たちが逃げてしまったものと思い、剣を抜いて自殺しようとした。28 そこでパウロは大声で、「自害してはいけない。私たちはみなここにいる」と叫んだ。29 看守はあかりを取り、駆け込んで来て、パウロとシラスとの前に震えながらひれ伏した。30 そして、ふたりを外に連れ出して「先生がた。救われるためには、何をしなければなりませんか」と言った。31 ふたりは、「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます」と言った。32 そして、彼とその家の者全部に主のことばを語った。33 看守は、その夜、時を移さず、ふたりを引き取り、その打ち傷を洗った。そして、そのあとですぐ、彼とその家の者全部がバプテスマを受けた。34 それから、ふたりをその家に案内して、食事のもてなしをし、全家族そろって神を信じたことを心から喜んだ。35 夜が明けると、長官たちは警吏たちを送って、「あの人たちを釈放せよ」と言わせた。36 そこで看守は、この命令をパウロに伝えて、「長官たちが、あなたがたを釈放するようにと、使いをよこしました。どうぞ、ここを出て、ご無事に行ってください」と言った。37 ところが、パウロは、警吏たちにこう言った。「彼らは、ローマ人である私たちを、取り調べもせずに公衆の前でむち打ち、牢に入れてしまいました。それなのに今になって、ひそかに私たちを送り出そうとするのですか。とんでもない。彼ら自身で出向いて来て、私たちを連れ出すべきです。」 38 警吏たちは、このことばを長官たちに報告した。すると長官たちは、ふたりがローマ人であると聞いて恐れ、39 自分で出向いて来て、わびを言い、ふたりを外に出して、町から立ち去ってくれるように頼んだ。40 牢を出たふたりは、ルデヤの家に行った。そして兄弟たちに会い、彼らを励ましてから出て行った。」([新改訳])。

パウロはこの後、さらに100キロほど進んでテサロニケに行きます。最終的にはアテネ経由でギリシヤ南部のコリントに到達し、そこに一年半滞在しました。

「Philippians(ピリピ人への手紙)」は、この第二回目の伝導旅行の際にピリピの地に設立された教会に宛てられた手紙です。文面から手紙が獄中で書かれたことがわかります。パウロは上で引用した文面中、ピリピで投獄されていますが、「Acts(使徒の働き)」を読むと、その後のパウロの投獄の記録は、第三回目の伝道旅行の最後にエルサレムで拘束され、カイザリヤへ護送されてそこで監禁されたときと、ローマに移送されてそこで監禁されたときの二回だけです。

それで「Philippians(ピリピ人への手紙)」は、長い間、このどちらかの投獄の際に書かれたものとされてきましたが、近年の研究では第三回目の伝道旅行の際、パウロがエペソに滞在しているときに「Acts(使徒の働き)」に記載されていない投獄があり、「Philippians(ピリピ人への手紙)」はこのときに書かれたとする説が有力のようです。

パウロがなぜエペソで投獄されたのか、それは「Acts(使徒の働き)」に投獄の記録がないので定かではありませんが、エペソはギリシヤ神話のアルテミスという女神を奉った町で、第19章にはアルテミス神殿の模型を作っていたデメテリオという銀細工の職人がパウロを糾弾して町中を扇動し、大きな騒ぎを起こした様子が書かれています。パウロは危うく難を逃れたことになっていますが、もしかするとこのときに投獄されたのかも知れません。

手紙を読むとパウロとピリピの教会が大変強い信頼関係で結ばれていることがわかります。ピリピの教会が示す強い信仰と献身的な活動は、パウロの伝道活動を精神的にも経済的にも支えているのです。

それでは「Philippians(ピリピ人への手紙)」を読んでいきましょう。


english1982 at 23:30|Permalink

ピリピ人への手紙第1章第1節~第19節:パウロからのあいさつ、パウロの感謝と祈り、キリストが伝道されることのパウロの喜び

ピリピ人への手紙 第1章



(英語は[NLT]、日本語は私の拙訳です。)


Greetings from Paul

パウロからのあいさつ

1 This letter is from Paul and Timothy, slaves of Christ Jesus. I am writing to all of God’s holy people in Philippi who belong to Christ Jesus, including the church leaders and deacons.

1 この手紙はイエス・キリストのしもべであるパウロとテモテからです。私はピリピのイエス・キリストに属する神さまの神聖なる人たちすべてに宛てて書いています。これには教会の指導者と補佐役が含まれます。

2 May God our Father and the Lord Jesus Christ give you grace and peace.

2 私たちの父なる神さまと主イエス・キリストから、あなた方への恵みと平安がありますように。



Paul’s Thanksgiving and Prayer

パウロの感謝と祈り


3 Every time I think of you, I give thanks to my God.

3 私は、あなた方のことを思うたびに私の神さまに感謝します。

4 Whenever I pray, I make my requests for all of you with joy,

4 私がお祈りをするときはいつも、あなた方すべてのために喜びをもってお願いをしています。

5 for you have been my partners in spreading the Good News about Christ from the time you first heard it until now.

5 それはあなた方が、キリストに関する良い知らせを最初に聞いた日から今に至るまで、それを広める上で、ずっと私の仲間だったからです。

6 And I am certain that God, who began the good work within you, will continue his work until it is finally finished on the day when Christ Jesus returns.

6 そして私は、あなた方の中で良い仕事を始めた神さまが、イエス・キリストが戻る日にその仕事が最終的に完了するまで、それを継続してくださることと信じています。

7 So it is right that I should feel as I do about all of you, for you have a special place in my heart. You share with me the special favor of God, both in my imprisonment and in defending and confirming the truth of the Good News.

7 私があなた方すべてについてこのように感じるのは正しいことなのです。なぜならあなた方は私の心の中の特別な場所を占めています。私が投獄されているときも、私が良い知らせの真実を守り確認しているときも、あなた方は私と共にいて神さまの特別な愛を分かち合いました。

8 God knows how much I love you and long for you with the tender compassion of Christ Jesus.

8 神さまは私がイエス・キリストの慈悲深い心をもって、どれほどあなた方を愛し、あなた方に思い焦がれているかをご存じです。

9 I pray that your love will overflow more and more, and that you will keep on growing in knowledge and understanding.

9 私はあなた方の愛がもっともっとあふれるように、そしてあなた方が知識と理解において成長を続けるように祈ります。

10 For I want you to understand what really matters, so that you may live pure and blameless lives until the day of Christ’s return.

10 それは私があなた方に何が本当に大切かを理解して欲しいからです。そうやってあなた方がキリストが戻る日まで、清純で非難されるところなく生きられるようにです。

11 May you always be filled with the fruit of your salvation -- the righteous character produced in your life by Jesus Christ -- for this will bring much glory and praise to God.

11 どうかあなた方が救いの実、つまりイエス・キリストによってあなた方の人生に生まれる正しい特質にいつも満たされていますように。それが神さまへ多くの栄光と賞賛をもたらすからです。



Paul’s Joy That Christ Is Preached

キリストが伝道されることのパウロの喜び


12 And I want you to know, my dear brothers and sisters, that everything that has happened to me here has helped to spread the Good News.

12 親愛なる兄弟たち、姉妹たち、ここで私に起こったことのすべてが、良い知らせを広める助けになったことをあなた方に知ってもらいたいと思います。

13 For everyone here, including the whole palace guard, knows that I am in chains because of Christ.

13 宮殿の警備隊の全員を含むみなが、私がキリストのゆえに拘禁されていることを知っています。

14 And because of my imprisonment, most of the believers here have gained confidence and boldly speak God’s message without fear.

14 そして私の投獄により、ここの信者の多くが確信を得て恐れることなく神さまのことばを大胆に語っています。

15 It’s true that some are preaching out of jealousy and rivalry. But others preach about Christ with pure motives.

15 嫉妬や対抗心から伝道する人がいると言うのは真実ですが、他の人たちは純粋な動機からキリストを伝道しています。

16 They preach because they love me, for they know I have been appointed to defend the Good News.

16 その人たちは私を愛するが故に伝道します。それは彼らが私が良い知らせを守るために任命されたことを知っているからです。

17 Those others do not have pure motives as they preach about Christ. They preach with selfish ambition, not sincerely, intending to make my chains more painful to me.

17 他の人たちはキリストを伝道するにあたり純粋な動機を持ちません。彼らは自己中心的な野心を持ち、心からではなく、私の投獄をさらに苦しいものにしようともくろんで伝道するのです。

18 But that doesn’t matter. Whether their motives are false or genuine, the message about Christ is being preached either way, so I rejoice. And I will continue to rejoice.

18 ですがそれはどうでも良いのです。彼らの動機が偽物であろうと本物であろうと、いずれにしてもキリストに関する言葉が伝道されるのですから、それで私は喜びます。私は喜び続けます。

19 For I know that as you pray for me and the Spirit of Jesus Christ helps me, this will lead to my deliverance.

19 それはあなた方が私のために祈り、イエス・キリストの霊が私を助けると、それが私の釈放につながることを私は知っているからです。




ミニミニ解説

「Philippians(ピリピ人への手紙)」の第1章です。

第1節、手紙はパウロとテモテから、ピリピの教会の信者に宛てて書かれています。

第3節~第5節、パウロはピリピの教会を思う度に神さまに感謝し、お祈りをするときには喜びを感じています。それはパウロがピリピの人たちに最初に福音を伝えた日から、ずっとパウロの伝道活動の仲間だったからだと書かれています。パウロはあちらこちらへの町から町へと旅行をしますが、パウロはその間ずっとピリピの教会を伝道活動上の仲間だと思っていたということです。

第6節、パウロは神さまが自分とピリピの教会との素晴らしい関係を、イエスさまが再来して伝道の仕事が最終的に完了するまで継続してくれると信じています。クリスチャンが福音を伝道する仕事は、イエスさまが再来して「終わりの日」がスタートする日をもって完了すると言うことです。

第7節、パウロがピリピの教会に寄せる特別な思いは「正しいこと」であり、ピリピの教会はパウロの心の中の特別な場所を占めている、と書かれています。パウロはピリピの教会との絆を、自分が投獄されているときにも、福音の真実を守っているときにも感じているとあります。

第9節~第10節、パウロはピリピの教会の愛がもっと豊かにあふれるように、そしてピリピの信者たちが知識と理解において成長を続けるようにと祈っています。その理由はパウロはピリピの教会に「何が本当に大切か」を理解して欲しいから、とあります。つまり固い絆で結ばれ、パウロが伝道活動上の仲間だとまで言うピリピの教会の信者たちも、パウロから見れば、もっと大きな愛を示すことができるし、知識と理解においての成長の余地もたくさんあるのです。

第10節には、パウロがそのように祈る理由として「そうやってあなた方がキリストが戻る日まで、清純で非難されるところなく生きられるように」と書かれています。クリスチャンは福音を受け入れた時点で、あらゆる罪がイエスさまの血で洗い流されたはずで、そういう意味では清純で非難されるところのない状態のはずです。パウロが言っているのはそれとは別の話だと思います。

私自身、自分がクリスチャンだという自覚があり、自分は「終わりの日」に天国に行くと確信しますが、そうであっても、日々、自分は神さまをガッカリさせてばかりだと思っていて、お祈りの中では神さまに謝罪することも多々あります。パウロがここで言っているのは、クリスチャンには霊的な成長の余地がたくさんあると言うことでしょう。たとえば私のようなダメダメな信者でも、神さまをガッカリさせるような言動や心のありようが少しずつ改善されていって、清純で非難されるところのない状態に少しでも近づくことがきたら、それは素晴らしいことだと思います。

第11節、そういう神さまの目から見て善いクリスチャンであることを示すものが、この節に書かれている「救いの実」、イエスさまを受け入れたことから生じる結実なのではないかと想像します。自分が霊的な成長を遂げ、「救いの実」に満たされれば満たされるほど、それが神さまに栄光と賞賛をもたらすのです。

第12節、パウロは「ここで私に起こったことのすべて」が福音を広めるのに役立ったと言い、続く文面を読むと、この「ここで私に起こったことのすべて」とはパウロの投獄のことを言っているのです。

第13節~第14節、パウロは恐らく町中を巻き込む大騒ぎの後に投獄されたため、宮殿の警備隊全員を含む町中のみなが、パウロがイエスさまに関する福音の伝道のゆえに投獄されていると知っているのです。そしてパウロの投獄によって、エペソの信者の多くが確信を持って恐れることなく大胆に福音を伝えているのです。

これはパウロの投獄が福音の伝道と言う観点では追い風になっている、と言うことです。いまエペソの町中の人がパウロとは誰なのか、パウロは何を伝えていて投獄されたのか、パウロが自分の主と呼んで賛美するイエスさまとは誰のことなのか、大きな興味を抱いています。パウロは町の話題の中心なのです。町中の人が福音について知りたくて知りたくて仕方がないのです。そういう空気の中で、信者たちは恐れることなく大胆に福音を語っています。

第15節、そうやって福音を語るクリスチャンの中には、パウロに対する嫉妬や対抗心を持って福音を語る人もいます。

第16節~第17節、一方で、パウロが福音の真実を、偽りの教えから守る正しい使徒であると認め、パウロを愛するが故に福音を伝える人も居ます。

第17節、パウロを憎み、抹殺したいとまで思う人たちは、パウロの投獄をさらに過酷なものとしようと、パウロが伝える福音と言うのは実はこれほど酷い教えなのだと、ねじ曲がった動機で福音を語るでしょう。

第18節、パウロはこのことについて、それはどちらでも良いのだと言います。どのような動機に基づいて語られようと、福音が伝えられるのであればそれは喜ばしいと言います。実際のところ、何がきっかけになって人が福音に興味を持つかはわかりません。福音を攻撃する宣伝をきっかけにして、最終的に福音を信じる人が現れても何の不思議もありません。パウロ自身が最初は福音を攻撃するファリサイ派の急先鋒だったのですから。

第19節、ピリピの教会がパウロのために祈り、イエスさまの霊がパウロを助ければ、パウロはいずれ釈放されると知っている、とパウロは書きますが、「コリントの手紙」を読むとパウロがこの投獄で自分の死を意識し始めたことがうかがえますから、それほど生やさしい投獄生活ではなかっただろうと想像します。






english1982 at 22:00|Permalink

ピリピ人への手紙第1章第20節~第30節:キリストのためのパウロの人生、天の市民として生きる

ピリピ人への手紙 第1章



(英語は[NLT]、日本語は私の拙訳です。)


Paul’s Life for Christ

キリストのためのパウロの人生


20 For I fully expect and hope that I will never be ashamed, but that I will continue to be bold for Christ, as I have been in the past. And I trust that my life will bring honor to Christ, whether I live or die.

20 それは私がずっとそうであったように、決して恥じることなく、キリストのために大胆であり続けることを十分に期待し、また希望しているからです。そして私は自分が生きても死んでも、私の人生がキリストに栄光をもたらすと信じます。

21 For to me, living means living for Christ, and dying is even better.

21 私にとって生きることはキリストのために生きることであり、死ぬことはさらに良いことなのです。

22 But if I live, I can do more fruitful work for Christ. So I really don’t know which is better.

22 しかしもし私が生きるとしたら、私はキリストのためにさらに有益な仕事ができます。なので私は本当のところ、どちらが良いのかわからないのです。

23 I’m torn between two desires: I long to go and be with Christ, which would be far better for me.

23 私は二つの欲望に引き裂かれています。私は死んでキリストと共に居たいと熱望します。それは私にははるかに良いことです。

24 But for your sakes, it is better that I continue to live.

24 しかしあなた方のためには、私は生き続けた方が良いのです。

25 Knowing this, I am convinced that I will remain alive so I can continue to help all of you grow and experience the joy of your faith.

25 それを知っているので、私は、あなた方全員が育ち、信仰の喜びを経験するのを助けるために私が生き続けるのだろうと確信しています。

26 And when I come to you again, you will have even more reason to take pride in Christ Jesus because of what he is doing through me.

26 そして私がもう一度あなた方のところに行くときには、イエス・キリストが私を通じて行っていることにより、あなた方はさらにイエス・キリストを誇る理由を持つことになるでしょう。



Live as Citizens of Heaven

天の市民として生きる


27 Above all, you must live as citizens of heaven, conducting yourselves in a manner worthy of the Good News about Christ. Then, whether I come and see you again or only hear about you, I will know that you are standing together with one spirit and one purpose, fighting together for the faith, which is the Good News.

27 一番大切なのは、キリストの良い知らせにふさわしく振る舞って、あなた方が天の市民として生きなければならないということです。そうすれば私がもう一度行ってあなた方に会おうと、あなた方の知らせを聞くだけになってしまおうと、私はあなた方がひとつの霊を持って共に立ち、良い知らせの信仰のために共に戦っていることを知ることになるでしょう。

28 Don’t be intimidated in any way by your enemies. This will be a sign to them that they are going to be destroyed, but that you are going to be saved, even by God himself.

28 どのようななことがあっても敵を怖がってはいけません。これは彼らにとっては、彼らが滅ぼされて、あなた方が救われることの神さま自身による予兆なのです。

29 For you have been given not only the privilege of trusting in Christ but also the privilege of suffering for him.

29 なぜならあなた方にはキリストを信じるという特権が与えられただけでなく、キリストのために苦しむという特権も与えられたからです。

30 We are in this struggle together. You have seen my struggle in the past, and you know that I am still in the midst of it.

30 私たちは共にこの苦闘の中にいます。あなた方はかつて私の戦いを見ましたし、私がいまもそのまっただ中にいることを知っています。






ミニミニ解説

「Philippians(ピリピ人への手紙)」の第1章です。

今回に先立つ第19節には、ピリピの教会の信者がパウロのために祈り、イエスさまの霊がパウロを助ければ、それがパウロの釈放につながると知っている、と書かれていました。

第20節、それはパウロがずっと心がけてきたことなのです。パウロは決して恥じることなく、イエスさまのために大胆であり続けることを願い、実践してきています。そしてパウロは自分が生きていても死んでも、パウロの人生はイエスさまに栄光をもたらすと信じているのです。

第21節は衝撃の発言です。パウロにとって、「生きること」はすなわちイエスさまのために生きることですが、「死ぬこと」は、さらに良いことだと言います。これがこのときのパウロの中にある「生きること」と「死ぬこと」の意味なのです。

第22節、もしパウロが生き続ければ、パウロは福音の真実をユダヤ人や偽のクリスチャンから守り、多くの地でさらに多くの人に福音を伝えて、そうやってイエスさまのために有益な仕事ができます。

第23節、もしパウロが死ねば、パウロはイエスさまの居る場所へ行き、イエスさまと合流できますから、これはパウロにとってはこの上ない喜びなのです。このためパウロの心は生きるか死ぬか、二つの欲望に引き裂かれている、と書いています。

第24節~第25節、パウロはピリピの教会のためには自分は生き続けた方が良い、と書き、それを知っているからこそ、自分はピリピの教会が成長し、信仰による喜びを経験するのを助けるために生き続けるのだろうと確信しているのです。

第26節、パウロはもう一度ピリピを訪れる機会について言及しますが、パウロはこの後でマケドニヤを訪れていますから、間違いなくピリピを再訪しています。パウロはそのときにはピリピの信者たちが、パウロを通じてイエスさまが行っていることを聞いて、一緒にイエスさまを誇り、賛美する理由を持つ、と言います。

第27節、パウロの再訪が叶おうと叶うまいと、大切なのは自分たちが天国の市民であるという自覚を持ち、福音にふさわしく生きることだとパウロは言います。ピリピから遠い町を旅し、いまはエペソで投獄されているパウロではありますが、その自覚さえあれば、クリスチャンとして同じ一つの聖霊を宿して福音のために戦う同士であると知ることができるのです。

第28節~第29節、パウロはどのようななことがあっても敵を怖がってはいけないと教え、自分の投獄は敵が滅ぼされてピリピの信者が救われることの予兆と理解します。パウロは福音を伝道するクリスチャンの特権は、イエスさまへの信仰を強めることばかりではなく、イエスさまのために苦しむこともまた特権だと知っているので、いま獄中で苦しむパウロだけでなく、遠い地でパウロの安否を気遣って祈るピリピの信者たちも、パウロの苦しみを分かち合うことで、同じように福音を伝えるクリスチャンの特権を得ていると理解できるからです。

第30節、パウロとピリピの教会は同じ戦いの中に居る同士なのです。






english1982 at 21:00|Permalink