2016年01月29日

三つの地方

 --- 最初に読む基本情報〕のカテゴリに含まれる記事 --------------
三つの地方flower-mini
------------------------------------------------------------


イエスの時代のイスラエルは、大まかに北から「ガリラヤ」「サマリヤ」「ユダヤ」の三つの地方に分かれていました。


israel_region


 
ガリラヤ

ガリラヤは三つの地方のうち最も北方の地方で、全体の1/3を占めます。そもそもイスラエルの十二部族のうち「Naphtali(ナフタリ)」の治める山岳地帯で、ユダヤ人と異教徒が混合で住んでいました。

最初の征服の後も異国の「Canaanites(カナン人)」の勢力が優勢だったので異教徒の地として知られていました。その後もソロモン王がこの地方の20の都市を材木の支払いの代わりに他国に渡したり、アッシリア帝国の征服に会うなどして異教徒の植民が進みました。

異国民が長く住んだこともあり、ガリラヤ地方の出身者は方言がとても耳につくことで知られています。

これらの理由からエルサレム周辺に住み純血を尊ぶ保守的なユダヤ人層はガリラヤ地方を嫌っており、福音書の中でガリラヤ地方について皮肉が言われる理由はここにあります。

ガリラヤ地方の北部は海抜1000mにも及ぶ山岳高地で、イエスの時代には深い森林で人がほとんど住んでいませんでした。一方ガリラヤ地方の南部は海抜500~700mで、北部に比べると気候が穏やかで土地も肥沃で主要な産物はオリーブ油、穀物、魚でした。

ガリラヤ地方にはイエスが幼年時代を過ごした「Nathareth(ナザレ)」があります。また十二使徒のうち「Judas of Iscariot(イスカリオテのユダ=最後にイエスを裏切った使徒)」を除くと全員がガリラヤ地方の出身です。

また、この地方にある「Cana(カナ)」の町でイエスは水をぶどう酒に変える最初の奇跡を行い、やはりこの地方の町「Capernaum(カペナウム)」はイエスの伝道活動の中心になりました。

ガリラヤは英語では「Galilee」で「ギャリリー」と発音されます。


サマリア

三つの地方のうち北のガリラヤと南のユダヤに挟まれた中央の地方です。そもそも十二部族のうち「Ephraim(エフライム)」と「Manasseh(マナセ)」の西部に割り当てられた土地です。

大変肥沃で魅力的な土地で、穀類やオリーブ、ぶどうが実り、東西南北に街道が通り交易も盛んでした。このサマリア地方の肥沃な土地のおかげで王国が南北に割れた際に、サマリアを含む北朝イスラエルはいつも経済的に富んでいました。その一方で魅力的な土地は侵略の対象にもなり、また交易が盛んであったために異教徒が多数入り込みました。

サマリアは地方の名前であると同時に町の名前でもあります。サマリアの町は紀元前722年にアッシリア帝国の侵略に屈し、上流中流の市民が連れ去られて、代わりに異国民が植民されました。これらの異国民は国外追放を免れた下層のユダヤ人たちと結婚し混血種のサマリア人が増えました。

サマリア人たちは聖書に書かれた創造主としての神さまを信仰せず、異国の神々や偶像を崇拝しましたので預言者は繰り返し強い言葉でサマリア地方の偶像崇拝、不道徳、そして贅を好み貧しい者から搾取する邪悪を責めました。サマリア地方のユダヤ人が異国人と結婚して混血化したこともあり、保守的なユダヤ人層からは大変嫌われていました。

ガリラヤとユダヤの間に位置し交通の便も良かったので、サマリア地方は南北を行き来する旅人の通り道ではありましたが、宗教上の汚れを嫌うユダヤ人たちはサマリア人との接触を避けるためにわざわざヨルダン川を渡って川の東側を北上して旅をしたほどです。

サマリアは英語では「Samaria」で「サマリア」と発音されます。


ユダヤ

ユダヤは三つの地方のうちもっとも南にある地方です。

「Judea(ユダヤ)」は「Judah(ユダ)」のギリシア・ローマ調の呼び名です。「Jewish(「ジューイッシュ」と発音し「ユダヤ人の」の意味)」から転じた言葉で、そもそもバビロニア帝国に連れ去られたユダヤ人の中で後にパレスチナへ戻ってきた十二部族のうち、ユダ族の人たちを差します。

ユダヤには「Jerusalem(エルサレム)」の都があり、エルサレムには国内唯一の寺院があります。エルサレムはイスラエルの政治上、宗教上の中心地です。

ペルシア帝国の支配下にあったときにはユダヤ人の知事が配置されていましたが、やがてローマ帝国に併合されました。

「Judea(ユダヤ)」は英語では「ジュディーア」と発音されます。

 

english1982 at 20:00│最初に読む基本情報