2015年08月05日

使徒の働き第27章第27節~第44節:難破

第27章




(英語は[NLT]、日本語は私の拙訳です。)


The Shipwreck

難破


27 About midnight on the fourteenth night of the storm, as we were being driven across the Sea of Adria, the sailors sensed land was near.

27 嵐の十四日目の真夜中ごろ、私たちがアドリヤ海を流されていると、水夫たちは陸地が近いと感じました。

28 They dropped a weighted line and found that the water was 120 feet deep. But a little later they measured again and found it was only 90 feet deep.

28 水夫たちはおもりを付けた糸を垂らし、水深が120フィート(40メートル弱)だとわかりました。少しして水夫たちが再度測ると、水深はたった90フィート(30メートル弱)でした。

29 At this rate they were afraid we would soon be driven against the rocks along the shore, so they threw out four anchors from the back of the ship and prayed for daylight.

29 水夫たちはこんな調子ではすぐ岸の暗礁に乗り上げると心配し、船の後ろから錨を四つ下ろすと、夜明けを求めて祈りました。

30 Then the sailors tried to abandon the ship; they lowered the lifeboat as though they were going to put out anchors from the front of the ship.

30 それから水夫たちは船を棄てようとして、船のへさきから錨を出すように見せかけて救命艇を降ろしました。

31 But Paul said to the commanding officer and the soldiers, “You will all die unless the sailors stay aboard.”

31 しかしパウロは指揮官と兵士たちに言いました。「水夫たちが船にとどまらなければあなた方は全員死にます。」

32 So the soldiers cut the ropes to the lifeboat and let it drift away.

32 そこで兵士たちは救命艇へのロープを切り、救命艇が流れるにまかせました。

33 Just as day was dawning, Paul urged everyone to eat. “You have been so worried that you haven’t touched food for two weeks,” he said.

33 夜が明けかけたころ、パウロはみなに食べるように勧めました。パウロは言いました。「あなた方はあまりに心配するあまり、二週間も食べものに触れていません。」

34 “Please eat something now for your own good. For not a hair of your heads will perish.”

34 「どうかいまあなた方自身のために何か食べて下さい。あなた方の頭から毛一本も失われることはありませんから。」

35 Then he took some bread, gave thanks to God before them all, and broke off a piece and ate it.

35 それからパウロはパンを取り、全員の前で神さまに感謝を捧げ、一片を裂いて食べました。

36 Then everyone was encouraged and began to eat -- 

36 みなは元気づけられて食べ始めました。

37 all 276 of us who were on board.

37 船にいたのは私たち276人です。

38 After eating, the crew lightened the ship further by throwing the cargo of wheat overboard.

38 食べた後、乗組員は小麦の積み荷を投げ捨ててさらに船を軽くしました。

39 When morning dawned, they didn’t recognize the coastline, but they saw a bay with a beach and wondered if they could get to shore by running the ship aground.

39 夜が明けると、水夫たちはどこの海岸線からはわかりませんでしたが砂浜のある入江が見えたので、船を座礁させて海岸に到達できるのではないかと思いました。

40 So they cut off the anchors and left them in the sea. Then they lowered the rudders, raised the foresail, and headed toward shore.

40 そこで水夫たちは錨を切って海に捨てました。それから水夫たちはかじを下ろし、船の前部の帆を上げて砂浜に向かって進みました。

41 But they hit a shoal and ran the ship aground too soon. The bow of the ship stuck fast, while the stern was repeatedly smashed by the force of the waves and began to break apart.

41 ところが浅瀬にぶつかって座礁するのが早すぎました。船首は固定して動かなくなり、船尾は波の力で繰り返し打ちつけられて壊れ始めました。

42 The soldiers wanted to kill the prisoners to make sure they didn’t swim ashore and escape.

42 兵士たちは囚人たちが岸へ泳いで逃げないように殺そうとしました。

43 But the commanding officer wanted to spare Paul, so he didn’t let them carry out their plan. Then he ordered all who could swim to jump overboard first and make for land.

43 しかし指揮官はパウロのいのちを助けたいと思ったので、兵士たちに計画を実行させませんでした。それから指揮官は泳げる者が最初に水中に飛び込んで陸へ上がるように命じました。

44 The others held on to planks or debris from the broken ship. So everyone escaped safely to shore.

44 他の人たちは厚板や壊れた船の破片につかまりました。それで全員が安全に陸に上がりました。




ミニミニ解説

「使徒の働き」の第27章です。

第3回目の伝道旅行を終えてエルサレムに戻ったパウロは、パウロを付け狙うアジヤ州から来たユダヤ人に目撃され、そこからエルサレム中を巻き込む暴動が発生しました。パウロはローマ帝国軍の指揮官クラウデオ・ルシヤに命を救われ、その後、総督ペリクスのいるカイザリヤへ移送されます。

移送から五日後、エルサレムから大祭司のアナニヤが自らやってきて、弁護士のテルトロにパウロを告発させますが、彼らはそれを証明することが出来ません。ペリクスは判決を下すことなく審問を休会し、パウロはカイザリヤで二年間監禁されたままとなり、裁判は後任の総督ポルキオ・フェストに委ねられました。

着任したフェストはカイザリヤで法廷を開きますが、エルサレムから来た指導者たちは前回と同様、パウロの告発内容を証明することが出来ません。フェストがパウロにエルサレムで裁判を受けたいかとたずねると、パウロはローマ皇帝に上訴する、と言います。フェストはパウロの上訴を認め、パウロをローマへ送ることを決定します。

前回、パウロたちはローマへ向けて出帆しましたが、ミラの港で乗り換えた船はエーゲ海への入り口のあたりで風向きに苦しんで北上できず、クレテ島の中央部南岸のフェアヘブンに着きます。船はパウロの警告を無視して、島の西方のピニクスを目指しますが、天候が急変し暴風に襲われ、はるか南方の沖へと流されてしまいます。

嵐は14日間も続き、ようやく陸地にたどり着くことが出来ました。

第27節には船が「アドリヤ海を流されている」と書かれていますが(アドリヤ海はイタリヤ半島の東です)、船は最終的にイタリヤ南部のシチリヤ島の南の沖にあるマルタ島に着きますから、船が流されているのはアドリヤ海のずっと南方のアフリカ寄りでしょう。

第42節でローマ兵たちが囚人を殺そうと考えたのは、以前にも書きましたが囚人を逃がしたローマ兵は死刑になるからです。



english1982 at 21:00│使徒の働き