2015年08月23日

使徒の働き第9章第32節~第43節:ペテロがアイネヤを癒し、ドルカスを蘇生させる

第9章




(英語は[NLT]、日本語は私の拙訳です。)


Peter Heals Aeneas and Raises Dorcas

ペテロがアイネヤを癒し、ドルカスを蘇生させる


32 Meanwhile, Peter traveled from place to place, and he came down to visit the believers in the town of Lydda.

32 一方ペテロはあちらこちらへと旅をしていましたが、あるときルダの町に住む信者を訪ねました。

33 There he met a man named Aeneas, who had been paralyzed and bedridden for eight years.

33 ペテロはそこでアイネヤという人に会いました。アイネヤは八年の間、身体が麻痺して床に着いていたのでした。

34 Peter said to him, “Aeneas, Jesus Christ heals you! Get up, and roll up your sleeping mat!” And he was healed instantly.

34 ペテロはアイネヤに言いました。「アイネヤよ、イエス・キリストがあなたを癒してくださいます。起きなさい。そして自分の寝床を巻き取りなさい。」するとアイネヤは直ちに癒されました。

35 Then the whole population of Lydda and Sharon saw Aeneas walking around, and they turned to the Lord.

35 するとルダとサロンに住む人々はみな、アイネヤが歩き回るのを見て主に立ち返りました。

36 There was a believer in Joppa named Tabitha (which in Greek is Dorcas). She was always doing kind things for others and helping the poor.

36 ヨッパにタビタ(ギリシヤ語に訳せばドルカス)という信者がいました。この女性はいつも人に親切にして貧しい人を助けていました。

37 About this time she became ill and died. Her body was washed for burial and laid in an upstairs room.

37 このころドルカスは病気になって死んでしまいました。遺体は埋葬のために洗われて、階上の部屋に安置されていました。

38 But the believers had heard that Peter was nearby at Lydda, so they sent two men to beg him, “Please come as soon as possible!”

38 信者たちはペテロが近隣のルダにいると聞いていたので、人をふたりペテロのところへ送って頼ませました。「どうかできるだけ早く来てください。」

39 So Peter returned with them; and as soon as he arrived, they took him to the upstairs room. The room was filled with widows who were weeping and showing him the coats and other clothes Dorcas had made for them.

39 それでペテロはふたりと共に戻ってきました。ペテロが到着するや否や、彼らはペテロを階上の部屋へ連れて行きました。部屋は未亡人たちで一杯で、泣きながら生前にドルカスが作ってくれた上着や他の洋服を見せるのでした。

40 But Peter asked them all to leave the room; then he knelt and prayed. Turning to the body he said, “Get up, Tabitha.” And she opened her eyes! When she saw Peter, she sat up!

40 しかしペテロは全員部屋を出るようにと言い、それからひざまずいて祈りました。ペテロは遺体のほうを向いて言いました。「タビタ。起きなさい。」すると彼女は目を開けました。そしてペテロを見ると起き上がりました。

41 He gave her his hand and helped her up. Then he called in the widows and all the believers, and he presented her to them alive.

41 ペテロは彼女に手を貸して立つのを手伝いました。それからペテロは未亡人たちと他の信者たちを全員呼び入れ、生きている彼女を見せました。

42 The news spread through the whole town, and many believed in the Lord.

42 このニュースは町中に知れ渡り、多くの人々が主を信じました。

43 And Peter stayed a long time in Joppa, living with Simon, a tanner of hides.

43 ペテロは長い間ヨッパにとどまり、皮なめし職人のシモンの家に滞在しました。




ミニミニ解説

「使徒の働き」の第9章です。

前回までの話でイエスさまの信者を強硬に迫害していたサウロは、ダマスコへの途上でイエスさまと出会い信者となりました。サウロはダマスコで強力にイエスさまの伝道を開始して、それによってギリシヤ語を話すユダヤ人たちから命を狙われるようになります。Galatians(「ガラテヤ人への手紙」)によるとサウロは一度アラビヤに滞在してからイエスさまに出会って三年後にエルサレムへ向かい、バルナバの仲介で使徒たちと出会いました。サウロはペテロの家に15日間滞在しました。サウロはエルサレムでも使徒たちと福音を伝える活動をし、やはり命を狙われるようになります。そこでサウロはカイザリヤから故郷のタルソへと脱出しました。教会の基盤はいよいよ強固となっていきます。

今回はペテロの話です。

舞台となっているルダの町はエルサレムの北西30kmほどにある町です。地中海に面した港町のヨッパは、ルダからさらに西方へ20kmほど進んだところにあります。ヨッパは古くから重要な港町のひとつです。たとえばエルサレムの寺院を建設するためのスギ材はレバノンから海上輸送されてヨッパで陸揚げされましたし、旧約聖書の「ヨナ書」に登場するヨナが神さまから逃げ出そうとして船に乗り込んだ場所もこのヨッパです。

使徒はイエスさまからあらゆる病を癒す権能を授かっていましたので、ペテロはルダでアイネヤの病を癒します。これはもちろんペテロ個人にそういう能力が備わったという意味ではなくて、癒しを行うのは神さまであり、神さまがペテロの信仰と祈りを聞き入れて病人を癒しているのですね。周囲の人々はこれがペテロ個人の能力であるかのように誤解しますが、癒しが神さまから来ていることを誰よりもよくわかっているのはペテロ自身です。

ペテロがルダにいるという噂はヨッパにまで伝わり、請われるままにペテロは今度は病気で死んでしまったドルカスの元へと向かいます。ドルカスの死を嘆き悲しむ多くの人々は恐らくドルカスが生前助けてきた人々です。ペテロがドルカスを蘇生させると、そのニュースは町中に広がり、それによって多くの人々がイエスさまを信じました。

死者の蘇生を見て驚いた人々が神さまを信じたという話ですが、視点を変えると生前人々に親切にして慕われていたドルカスの死が、福音の知らせを伝える役に立ったということになります。John 9(ヨハネの福音書第9章)で、イエスさまは弟子たちが生まれつきの盲人を指して「彼が盲目に生まれついたのはだれが罪を犯したからですか」と問うたとき、「この人が罪を犯したのでもなく、両親でもありません。神のわざがこの人に現われるためです」と答えました。「神のわざがこの人に現われるため」です。またJohn 11(ヨハネの福音書第11章)では、イエスさまを信じるラザロが病気で死にかけると、それについて「この病気は死で終わるだけのものではなく、神の栄光のためのものです。神の子がそれによって栄光を受けるためです」と言っています。

つまりイエスさまによると病気や死さえ、それは神さまの栄光のためにあるということになります。たとえば今回、ドルカスの死と蘇生は神さまを褒め称えること、神さまに栄光を帰すことの役に立ちました。人間の視点で困難や苦難に映る病気や死も、神さまの視点に立つと、それはすべて神さまへ栄光を帰すための出来事になるようです。

第43節でペテロが皮なめし職人の家に滞在している様子が書かれていますが、皮なめしの作業では職人は動物の死体にさわらなければなりません。ユダヤの律法は動物の死体と接触することを「汚れ」として禁じていますから、ユダヤ人のペテロが皮なめし職人の家に滞在しているというのはユダヤ人の読者には驚きなのです。これはペテロがすでにユダヤの律法からの脱却を始めているということになるでしょう。




english1982 at 20:00│使徒の働き