テサロニケ人への手紙第1:第1章ピリピ人への手紙:全体目次

2015年04月30日

テサロニケ人への手紙第1:はじめに

テサロニケ人への手紙第1


はじめに
第01章 第02章 第03章 第04章 第05章
全体目次




新約聖書の「Acts(使徒の働き)」はイエスさまが十字架死から復活後に天に戻られた後で、使徒たちがどのように福音を広めていったかを書いた本ですが、後半はで特にパウロの活動を詳しく取り扱っていました。

「Acts(使徒の働き)」の中でパウロは伝道の旅を三回行った後、最後にローマへ護送されています。新約聖書にはパウロがこれらの伝道の旅の途中で自分が開いた、あるい自分がは関与した教会の信者たちに宛てて送った手紙がいくつか収められています。

今回お送りするのは、「1 Thessalonians(テサロニケ人への手紙第1) 」です。テサロニケ人(びと)への手紙は第1と第2がありますが、その一つ目です。

手紙は「テサロニケの教会」へ宛てられています。

テサロニケの町は「Acts 17(使徒の働き第17章)」に登場します。1-14(使徒の働き第17章第1節~第14節)を引用しておきます。

「1 彼らはアムピポリスとアポロニヤを通って、テサロニケへ行った。そこには、ユダヤ人の会堂があった。2 パウロはいつもしているように、会堂に入って行って、三つの安息日にわたり、聖書に基づいて彼らと論じた。3 そして、キリストは苦しみを受け、死者の中からよみがえらなければならないことを説明し、また論証して、「私があなた方に伝えているこのイエスこそ、キリストなのです」と言った。4 彼らのうちの幾人かはよくわかって、パウロとシラスに従った。またほかに、神を敬うギリシヤ人が大ぜいおり、貴婦人たちも少なくなかった。5 ところが、ねたみにかられたユダヤ人は、町のならず者をかり集め、暴動を起こして町を騒がせ、またヤソンの家を襲い、ふたりを人々の前に引き出そうとして捜した。6 しかし、見つからないので、ヤソンと兄弟たちの幾人かを、町の役人たちのところへひっぱって行き、大声でこう言った。「世界中を騒がせて来た者たちが、ここにも入り込んでいます。7 それをヤソンが家に迎え入れたのです。彼らはみな、イエスという別の王がいると言って、カイザルの詔勅にそむく行ないをしているのです。」 8 こうして、それを聞いた群衆と町の役人たちとを不安に陥れた。9 彼らは、ヤソンとそのほかの者たちから保証金を取ったうえで釈放した。10 兄弟たちは、すぐさま、夜のうちにパウロとシラスをベレヤへ送り出した。ふたりはそこに着くと、ユダヤ人の会堂に入って行った。11 ここのユダヤ人は、テサロニケにいる者たちよりも良い人たちで、非常に熱心にみことばを聞き、はたしてそのとおりかどうかと毎日聖書を調べた。12 そのため、彼らのうちの多くの者が信仰に入った。その中にはギリシヤの貴婦人や男子も少なくなかった。13 ところが、テサロニケのユダヤ人たちは、パウロがベレヤでも神のことばを伝えていることを知り、ここにもやって来て、群衆を扇動して騒ぎを起こした。14 そこで兄弟たちは、ただちにパウロを送り出して海べまで行かせたが、シラスとテモテはベレヤに踏みとどまった。」([新改訳])。

これはパウロの第2回目の伝道旅行の途中です。

第2回目の伝道旅行ではパウロはバルナバと仲違いしてシラスをパートナーとしてシリアのアンテオケを出発し、陸路を北から西へ進みます。途中ルステラでテモテを旅に加えます。第1回目の旅行の最西端であるピシデヤのアンテオケまで来ると、パウロは聖霊に西へ進むことを妨げられ、進路を北にとって黒海方面へ向かいました。黒海沿岸の地方へ至ると今度は北へ進むことが妨げられて進路を西へ取り、一行はエーゲ海を望むトロアスの港に至ります。

パウロはエーゲ海に面したトロアスの港で幻を見ます。幻の中でギリシヤ北部のマケドニヤ人が、マケドニヤに来て私たちを助けてください、とパウロを招くのです。そこで一行はサモトラケ島(サモトラキ島)という小さな島経由でマケドニアのネアポリスに上陸し、エーゲ海沿いに進んでピリピへ到着するとピリピにしばらく滞在します。パウロとシラスはピリピで逮捕され、棒で打たれて投獄されています。一行が次に到着した町がマケドニア州の州都テサロニケです。ここは大きな町でディアスポラのユダヤ人もたくさん暮らしていました。

上で引用したようにパウロたちはテサロニケで暴動に巻き込まれ、町を脱出してベレヤに至ります。パウロはその後アテネを経てコリントに至り、そこに長く滞在しますので、この「1 Thessalonians(テサロニケ人への手紙第1) 」はパウロがコリントから書いたのではないかとされています。

手紙を読むと、テサロニケの町の信者は他の信者たちのお手本となるような素晴らしい信者だったことが書かれています。

それでは「1 Thessalonians(テサロニケ人への手紙第1) 」を読んでいきましょう。


english1982 at 23:30│テサロニケ人への手紙第1 
テサロニケ人への手紙第1:第1章ピリピ人への手紙:全体目次