使徒の働き第24章第1節~第27節:パウロがペリクスの前に立つ

第24章




(英語は[NLT]、日本語は私の拙訳です。)


Paul Appears before Felix

パウロがペリクスの前に立つ


1 Five days later Ananias, the high priest, arrived with some of the Jewish elders and the lawyer Tertullus, to present their case against Paul to the governor.

1 五日後、大祭司のアナニヤは何人かのユダヤ人の長老とテルトロという弁護士と共に到着し、パウロに対する申し立てを総督に提出しました。

2 When Paul was called in, Tertullus presented the charges against Paul in the following address to the governor: “You have provided a long period of peace for us Jews and with foresight have enacted reforms for us.

2 パウロが呼び入れられると、テルトロは次のような総督への演説でパウロに対する告発を行いました。「あなたは私たちユダヤ人に長い平安の期間を与えられ、洞察をもって私たちのために改革を行ってきています。

3 For all of this, Your Excellency, we are very grateful to you.

3 これらすべての事柄について、閣下、私たちはとても感謝しています。

4 But I don’t want to bore you, so please give me your attention for only a moment.

4 しかし私はあなたを退屈させたくありません。ですのでほんのしばらくの間、どうか私の話を聞いて下さい。

5 We have found this man to be a troublemaker who is constantly stirring up riots among the Jews all over the world. He is a ringleader of the cult known as the Nazarenes.

5 この男は世界中のユダヤ人の中でしょっちゅう騒動を起こしている問題の人物です。彼はナザレ人の名前で知られるカルトの首謀者です。

6 Furthermore, he was trying to desecrate the Temple when we arrested him.

6 さらにこの男は私たちが逮捕したときには寺院の申請を汚そうとしておりました。

8 You can find out the truth of our accusations by examining him yourself.”

8 私たちの告発の真実は、あなた自身がこの男を調べることでおわかりになるはずです。」

9 Then the other Jews chimed in, declaring that everything Tertullus said was true.

9 それから他のユダヤ人たちが加わり、テルトロが言ったことはすべて正しいと言いました。

10 The governor then motioned for Paul to speak. Paul said, “I know, sir, that you have been a judge of Jewish affairs for many years, so I gladly present my defense before you.

10 総督はパウロに話すようにと合図しました。パウロは言いました。「私は閣下が長年に渡り、ユダヤ人の事件の裁判官であることを知っています。ですので私は喜んであたなに私の答弁をさせていただきます。

11 You can quickly discover that I arrived in Jerusalem no more than twelve days ago to worship at the Temple.

11 私が寺院での礼拝のためにエルサレムに到着してから、まだ十二日しかたっていないことは調べればすぐにわかります。

12 My accusers never found me arguing with anyone in the Temple, nor stirring up a riot in any synagogue or on the streets of the city.

12 私の告発人たちは私が寺院で誰かと口論しているところは見ていませんし、どこの会堂でも、あるいは市内の通りでも、私が騒動を起こしているのを見ていません。

13 These men cannot prove the things they accuse me of doing.

13 この人たちは私がしていると告発していることについて証明することができません。

14 “But I admit that I follow the Way, which they call a cult. I worship the God of our ancestors, and I firmly believe the Jewish law and everything written in the prophets.

14 しかし私は彼らがカルトと呼ぶその道に従うことを認めます。私は先祖たちの神さまを崇拝し、ユダヤの律法と預言者たちが書いたことのすべてを堅く信じています。

15 I have the same hope in God that these men have, that he will raise both the righteous and the unrighteous.

15 私は神さまが善い人も罪深い人もよみがえらせるという、この人たちが持つのと同じ希望を神さまに抱いています。

16 Because of this, I always try to maintain a clear conscience before God and all people.

16 このため私はいつも神さまとすべての人の前に、曇りのない良心を保とうと努力しています。

17 “After several years away, I returned to Jerusalem with money to aid my people and to offer sacrifices to God.

17 何年か留守にした後、私は同胞を支援するため、そして神さまへいけにえを捧げるためのお金を持ってエルサレムに戻りました。

18 My accusers saw me in the Temple as I was completing a purification ceremony. There was no crowd around me and no rioting.

18 告発人たちは私が清めの儀式を終えようとしているときに私が寺院にいるのを目撃したのです。私のまわりには群衆もおらず騒動もありませんでした。

19 But some Jews from the province of Asia were there -- and they ought to be here to bring charges if they have anything against me!

19 ですがアジヤ州から来たユダヤ人が何名かそこにいました。もし彼らに私に対する言い分があるなら、彼らがここにいて告発をすべきです。

20 Ask these men here what crime the Jewish high council found me guilty of,

20 ここにいるこの人たちに、最高議会がどんな罪で私を有罪だとしたのか、たずねてください。

21 except for the one time I shouted out, ‘I am on trial before you today because I believe in the resurrection of the dead!’”

21 私は一度だけ、『私が死者の復活を信じているということで、私は今日、あなた方の前で裁かれています』と叫んだだけです。」

22 At that point Felix, who was quite familiar with the Way, adjourned the hearing and said, “Wait until Lysias, the garrison commander, arrives. Then I will decide the case.”

22 ペリクスはその道についてとてもよく知っていたので、この時点で審問を休会にして言いました。「要塞指揮官のルシヤが到着するまで待つように。それから私は判決を決めよう。」

23 He ordered an officer to keep Paul in custody but to give him some freedom and allow his friends to visit him and take care of his needs.

23 ペリクスは士官にパウロを監禁するように命じましたが、パウロにある程度の自由を与えて、友人たちがパウロを訪問して必要を満たすことを許可するように命じました。

24 A few days later Felix came back with his wife, Drusilla, who was Jewish. Sending for Paul, they listened as he told them about faith in Christ Jesus.

24 数日後、ペリクスはユダヤ人の妻ドルシラを連れて戻って来ました。二人はパウロを呼びにやり、パウロが二人にイエス・キリストへの信仰について話すのを聞きました。

25 As he reasoned with them about righteousness and self-control and the coming day of judgment, Felix became frightened. “Go away for now,” he replied. “When it is more convenient, I’ll call for you again.”

25 パウロが正義と自制とやがて来る裁きについて二人に説いているとペリクスは怖くなりました。ペリクスは言いました。「今は帰りなさい。もっと都合の良いときにもう一度あなたを呼びにやります。」

26 He also hoped that Paul would bribe him, so he sent for him quite often and talked with him.

26 ペリクスはまたパウロがわいろを贈ってこないかと思っていました。それでペリクスはしばしばパウロを呼び出して話しました。

27 After two years went by in this way, Felix was succeeded by Porcius Festus. And because Felix wanted to gain favor with the Jewish people, he left Paul in prison.

27 このようにして二年がたった後、ポルキオ・フェストがペリクスの後任になりました。ペリクスはユダヤ人に気に入られたかったのでパウロを投獄したままにしておきました。




ミニミニ解説

「使徒の働き」の第24章です。

第3回目の伝道旅行を終えたパウロはエルサレムに戻り、エルサレムの教会でヤコブと長老たちに旅の報告をしました。パウロはそこでヤコブたちから、パウロが律法に背くように人々に教える背信者であるとの噂が流れていると聞かされます。パウロはヤコブたちの提案に従い、ナジル人の誓願を立てていた他の四人と共に、寺院で清めといけにえを捧げる儀式に参加して、自分がユダヤの律法を遵守することをアピールしようと試みますが、寺院でパウロを目撃したアジヤ州から来たユダヤ人が暴動を扇動し、これがエルサレム中を巻き込む騒ぎへと発展しました。パウロは危うく殺されかける寸前に、報告を聞いて駆けつけたローマ帝国軍の指揮官に命を救われました。

指揮官は祭司長たちに最高議会を開くように要請し、パウロはユダヤの最高議会であるサンヘドリンの前に立ちました。パウロは議会にファリサイ派とサドカイ派が含まれていることに着目し、「私は死者の復活という望みのことで、さばきを受けている」と発言して両派を衝突させ、議会を混乱に陥れてその場を脱出します。結果、議会はパウロに有罪を宣告することが出来ませんでした。

すると何としてもパウロを殺したいとするすユダヤ人四十人以上が共謀し、パウロ殺害の計画を立てますが、計画はパウロの甥経由でローマ帝国軍の指揮官クラウデオ・ルシヤへと伝えられました。

指揮官のクラウデオ・ルシヤはパウロをカイザリヤの総督のペリクスのもとに移送しました。

移送から五日後にエルサレムから大祭司のアナニヤが自らやってきて、弁護士のテルトロと言う人物に告発させます。テルトロはパウロが「世界中のユダヤ人の中でしょっちゅう騒動を起こしている」と言います。イエスさまがピラトの前で訴えられたときと同様で、信者がローマ帝国の法廷に訴えられるときには告訴の内容はいつも騒乱や反逆にすり替えられ、パウロが律法や寺院に反することを教えているなどの訴えは微塵も出て来ません。またパウロは「ナザレ人の名前で知られるカルトの首謀者」と呼ばれています。ここでキリスト教やクリスチャンが[NLT]では「the Way(その道)」「Nazarenes(ナザレ人)」と呼ばれているのがわかります。

これに対するパウロの抗弁はとても冷静で、原告は告発の事実についての証明ができない以上、告訴は言いがかりであると主張します。

ペリクスは判決を下すことなく審問を休会し、結果としてその後、自分の後任のポルキオ・フェストが着任するまで二年間もパウロを拘束していました。しかし拘束はさほど厳しいものではなくて、仲間の信徒たちがパウロを訪問してパウロの世話をすることが出来るようになっていたようです。

拘束期間の間、ペリクスは妻のドルシラを伴って福音を聞きに訪れています。しかしパウロが正義と自制とやがて来る裁きについて語るとペリクスは怖くなってしまったのでした。旧約聖書の律法に沿えば自分が有罪と裁かれることが明らかだったからでしょう。どうやらドルシラは、ペリクスが他の人から略奪して結婚した女性のようで、これはまるでアグリッパとヘロディアの略奪婚は律法に反すると批判して、投獄された後にヘロディアの陰謀で殺された洗礼者ヨハネのようです。パウロはペリクスにイエスさまによる救済も説いたでしょうが、ペリクスとドルシラは信仰を告白するには至りませんでした。その理由はペリクスがパウロを頻繁に招いたのは、パウロからわいろを引き出したかったからだと書かれています。




english1982 at 22:00|Permalink使徒の働き